出世城もなか:静岡県浜松市

浜松城で天下取りの足固め

浜松城は小さな城で、今ではコンクリート製の天守と2014年に復元された天守門があるのみですが、江戸時代の大名には大人気の城でした。なぜなら浜松城は出世城だったからなのです。

徳川家康が元あった曳馬城を名を改めて浜松城とし、城下町なども作られて発展しました。その後、松江城を築城した堀尾吉晴が在城し、石垣などを大改修。多くの松平家や水野忠邦などが城主を歴任し、浜松城は出世城と呼ばれました。そして2015年の家康没後400年を記念してリニューアルされたのが、この出世城もなかです。

出世城もなか

浜松の物造り技術を生かし、3Dモデリングで天守を高精度に再現した最中種です。程よい甘さの小豆餡は種とのバランスもちょうどいいです。個装は緑と紅色がありますが、中身は同じです。

現在も発掘続行中

城跡は浜松市役所の裏手にあって、公園として整備されています。広い無料駐車場がある公園側から入って、模擬天守を目指し天守門の外まで来たら、なにやら争うような声が聞こえてきました。よっばらいが騒いでいるのかな、大丈夫か?と思いながら門をくぐると、天守前の小さな広場で武将隊のような数人が芝居をしていました。ゆるキャラの家康くんがいることもあるそうですが、小さな城にはもっと落ち着いたきめ細かいおもてなしがいいかも。

浜松城

上の写真は2018年の6月中旬に撮ったものです。 同年10月に家康の関東移封後に作られたとされる櫓の基礎を発見したとの発表があり、今も調査が続けられています。豊臣が徳川をけん制するために堀尾氏が浜松城を強固にしたという具体的な様子がわかってきましたが、江戸時代の絵図には天守も櫓も描かれていないそうです。ちなみに家康は最初は隣の磐田市に築城しようとしていたのですが、信長が許さなかったそうで、磐田市には城山という地名のみが残っています。

出世城もなか

ふる里総本家 佐鳴台本店 静岡県浜松市中区佐鳴台6丁目6-6  053-448-9121  1個194円
店舗は市内に6店あります。浜松城の近くにはありませんが、浜松駅でも販売しています。お手盛りタイプもありますので別の機会に紹介します。

龍潭寺もなか:静岡県浜松市

井伊家の菩提寺

2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」に登場し、広く知られるようになりましたが、その前から小堀遠州の庭園で有名で、観光バスがやって来るような寺でした。随分昔に行ったことがあったのですが、大河が終わって落ち着いたであろうと、昨年の5月に再び行ってきました。

入口近くの駐車場は満車で、係の人が別の駐車場を案内しています。緑濃い境内では井伊家御霊屋や歴代住職の位牌を祀る開山堂、仁王門や本堂修復記念の鬼瓦などを見ることができます。本堂と庭園は拝観料が必要ですが、一般の墓所の奥にある井伊家の墓所は無料です。見学後は駐車場にある売店へ。

龍潭寺もなか

大河ドラマに合わせて作られた最中は小豆餡と黄金餡の2種類です。皮種には井伊家旗印の井桁紋が。赤備えの鎧兜のパッケージの黄金餡は、粒がほぼ残る白餡に柚ペーストを混ぜたもので、小豆餡とともにとても甘いです。

井伊家発祥は井戸端から

龍潭寺南側の田んぼの中に瓦屋根の門と白壁に囲まれた井戸が祀られていますが、この井戸端に捨てられていた子が長じて井伊家の初代当主となったそうです。井戸のある場所はかつては神社の境内だったのですが、明治の神仏分離令で神社は北西の天白磐座(てんぱくいわくら)遺跡の前に移転しました。その渭伊神社の 10月の例大祭には井伊家の弓や矢筒などの実物を使って祭祀が行われるとのことです。

龍潭寺

上の写真は龍潭寺の本堂で、屋根の上には井桁のマークがあり、また前庭の白砂は浜名湖の形になっています。行基が開創した臨済宗の寺で、本堂には左甚五郎作の龍や恙なしの彫刻、鴬張りの廊下などを見ることができます。徳川将軍家の茶道指南役、小堀遠州の庭園は本堂の裏にあります。

龍潭寺もなか

龍潭寺売店 浜松市北区引佐町井伊谷1989  053-542-1293 営業日・時間は龍潭寺( 053-542-0480 )と同じ
お菓子司あおい 静岡県浜松市東区有玉北町1594 053-435-3365 1個200円