すっぽんもなか:静岡県浜松市

浜名湖の花博跡地へ

以前浜名湖北岸の三ヶ日みかんの最中を紹介しましたが、今回もまた三ヶ日経由で浜名湖に行って来ました。前回場所がわからなかったみかんの石碑の写真を撮って、西岸をぐるりと回り、弁天島から浜名湖花博跡地の浜名湖ガーデンパークに到着。

入口付近はファミリーサイクルに乗った親子や犬を連れた人々で賑わっていますが、敷地が広いので奥へ進むと人がまばらになってきます。カレーパンを買い食いしてから、エレベーターで13階相当の展望塔へ。こちらは入場料が300円ですが、さすがに眺望がよく、県外からの観光客っぽい人が富士山を見つけて写真に収めていました。

55.すっぽんもなか

さて、こちらは浜名湖周辺の名産品のひとつ、すっぽんを模った最中です。つぶし気味の小豆餡が、しっかりした餅感がある求肥にからむ感じに仕上がっています。

鰻だけじゃないんです

浜名湖と言えば、鰻、しじみ、舘山寺温泉、ついでに三ヶ日みかんといろいろありますが、すっぽんの名産地でもあります。120年ちかく前に服部中村養鼈場が初めてすっぽんの養殖を始め、今も産地としては日本一で、天然に近い味が特徴です。当初はほとんどが京都の高級料亭に出荷されていましたが、今では市内でもすっぽんを楽しめる店が増えました。

55.浜名湖ガーデンパーク

上の画像はガーデンパークですが、浜名湖の東隣にある佐鳴湖にはすっぽんの供養碑があるとのことです。40年ほど前から8月中旬に浜松料理協同組合の主催で供養祭が行われ、いまでは全国からの参加もあるそうです。ガーデンパークが意外に楽しかったので、次回ゆっくり来てクルーズ船に乗ったり、佐鳴湖にも寄ろうかと思っています。花の季節にでも。

すっぽんもなか

近江屋 静岡県浜松市西区雄踏町宇布見7962 053-592-1308 水曜定休 1個165円
店名は四代目近江屋。県道62号浜松雄踏線の北側に平行する雄踏街道(一部一方通行)沿いにあります。洒落た店構えで、まんじゅう、どら焼きの他、サブレ、釜焼きドーナツ、クロッカンシュークリームなどいろいろあります。店舗前に4台駐車できます。