注目

「最中は語る」へようこそ!

磐田市に伝わる怪物退治の霊犬の最中を投稿しました。

このブログは初めてですか?

最中大使や最中についての紹介ページがありますので是非ご覧ください。
PCでは右列に、スマホでは一番下にリンクがあります。
最中のテーマ別ウインドウ形式一覧は→「最中は語る―テーマ別一覧

太郎最中:静岡県磐田市

霊犬の怪物退治

鎌倉時代のことです。遠州見付の村には8月に白羽の矢が立った家の娘を人身御供として神に差し出すという習わしがありました。不審に思った旅の僧が確かめに行くと、それは神ではなく怪物で、信州の悉平太郎(しっぺいたろう)を恐れていることがわかりました。信州を探し回った僧が見つけたのは、駒ケ根の光前寺に住む山犬の子でした。悉平太郎を借りて見付に戻り、娘の代わりに白木の箱に潜ませて、首尾よく怪物を倒したのでした。

磐田市と駒ケ根市は友好都市になっていますが、見付を救った霊犬の伝説を知る人は、年々少なくなってきていました。磐田市のゆるキャラが悉平太郎をモチーフにした「しっぺい」に決まってからは、この伝説もまた広く知られるようになりました。そんななか2年前の戌年に発売されたのが、太郎最中です。

太郎最中

三角耳が凛々しい犬の形の最中で、程よい甘さの粒餡と北海道産の白小豆餡があります。粒餡2個と白小豆1個の3個セットのパックには悉平太郎像の写真が載った帯が掛かっています。なぜ悉平太郎最中にしなかったのかと店の人に尋ねたところ、独自の型を使っていないので悉平と付けるのを遠慮したとのことでした。気にしなくていいのではないかと思いますが・・・。

犬も参拝OK! 見付天神

伝説の舞台となったのが、 矢奈比賣神社(やなひめじんじゃ) で、菅原道真を合祀しているため、見付の天神様と呼ばれています。二の鳥居の脇に悉平太郎の銅像があり、犬を連れて入ることができる数少ない神社のひとつです。神社の裏のつつじ公園には霊犬神社という別社もあります。つつじの頃に行ったら最中データ一覧のページに写真を追加することとしましょう。

見付天神の悉平太郎像

駒ケ根市では同じ犬が早太郎または疾風太郎と呼ばれています。駒ケ根にも早太郎最中があるので、そのうち紹介します。また、 宮城県や滋賀県にも似た話があって、字は違ってもしっぺいたろうだそうです。さて、怪物を倒した悉平太郎のその後ですが ①相打ちだった ②駒ケ根に帰る途中で力尽きた ③光前寺に戻り、和尚の顔を見て一声吠えて息絶えた ④光前寺で幸せに暮らした と諸説あります。個人的には ③ ですが、どれがいいですか?

太郎最中

井口製菓 静岡県磐田市見付2663 0538-32-3951 水曜定休 1個170円  3個セット500円
見付宿の中程にあって、見付天神の裸祭りに出される粟餅を作っています。国分寺最中で紹介した店で(2018年9月)、しっぺいグッズも販売中。

田子の月(子パッケージ):静岡県富士市

富士宮の浅間神社に初詣に行ってきた人から、今年も田子の月の干支パッケージをお年賀でいただきました。今年はどら焼きとの詰め合わせになっていて最中のみの販売はなかったそうです。中身はいつもの田子の月でした。

田子の月:子年

勾玉最中五季節の祈り:三重県伊勢市

伊勢神宮に演奏を奉納してきました

伊勢神宮内宮の参集殿は休憩所になっていて、その奥には様々な芸能集団が奉納を行う能舞台があります。天皇即位の祝賀で庖刀式が奉納されたのですが、これに奉納者の一人として参加してきました。

庖刀式とは手を触れずに魚を捌いて神前に捧げる儀式で、その伴奏を務めることになったのです。烏帽子と直垂の装束で庖丁刀と真魚箸で儀式を執り行う厳粛な雰囲気のなか、精神統一して演奏することができました。

勾玉最中ー五季節の祈り

さて、こちらは神宮での祭事に使われる五色絹から命名した最中で、五季節と書いて「ごしき」と読みます。翡翠色の皮種の伊勢茶餡はホワイトチョコレートの粒入りで、お茶の香りの後に洋風の甘味がやって来ます。他にも柚餡やメープル餡、季節限定の桜餡もあります。

年間祭事一五○○回

伊勢神宮については説明するまでもありませんが、内宮と呼ばれる皇大神宮には日本国民の総氏神である天照大神をお祀りしており、ご神体は三種の神器のひとつである八咫鏡です。外宮の豊受大神宮は衣食住と産業の神である豊受大御神をお祀りしています。国民の幸せを祈る祭りや神様に食事をお供えする祭りは神宮全体で年間1500回以上もあるそうです。

今回は奉納の準備から撤収までの5時間を参集殿で過ごしたので、内宮の参拝だけになってしまいました。次回は外宮やおはらい町もゆっくり見てみたいです。上の画像は五十鈴川で手を清めた際に撮りました。正宮は階段下からの撮影が許可されていますが、人が多かったのでやめておきました。神宮を出て市営駐車場横の赤福の店でぜんざいを食べ、帰路に就きました。

勾玉最中五季節の祈り

勢乃國屋 三重県伊勢市宇治今在家町117 0596-23-5555 無休 5個入り950円
宇治橋から徒歩1分の観光バス駐車場の隣です。看板商品の神代餅は粒餡のよもぎ餅。また、オーソドックスな小豆餡の勢乃國最中もあります。2階では松阪牛や伊勢うどんなどの食事もできます。

秋葉さん最中:静岡県浜松市

全国の秋葉神社の総本宮

行楽の秋。紅葉を見に行こうということで、秋葉神社に行って来ました。浜松市の中心部から直線距離で40kmほどの旧春野町で、赤石山脈の南端の秋葉山にある火防の神を祀る秋葉神社の総本宮です。地元では秋葉さんと呼ばれています。

船明ダムを過ぎて天竜川沿いに北上し、石灯篭が目印になっている橋を渡って参道に入ります。ここからは山道になっていて、観光バスとギリギリですれ違って上へ上へと曲がりくねった道を進み、大鳥居の前の広い駐車場に着きました。長い階段が山頂へと続いており、両脇には「やつで」のマークが付いた石灯篭が並んでいます。やつでは秋葉さん最中にもあしらわれています。

秋葉さん最中

天狗の羽団扇とも呼ばれるやつでの形に、縦に秋葉さん、横に遠州という文字が入っています。中は程よい甘さの小豆のつぶし餡です。包みは小倉と書かれたシールで止めてありますが、餡は小倉(≒つぶし餡)1種類です。

天狗と秋葉神社

さて、何故やつでが秋葉神社のマークになっているかというと、秋葉神社は明治になるまでは秋葉大権現という名称で秋葉山三尺坊という天狗が祀られていました。羽団扇で火を操る天狗が、イザナミとイザナギの御子である 火之火具土神(ほのかぐつちのかみ) にとって代わられたのですが、天狗の羽団扇の紋がそのまま残ったようです。春野町には大きな天狗の面や下駄のオブジェがあったりして、天狗は今でもこの地区のシンボルとなっています。

秋葉神社上社

山の上の神社は上社で、12月16日に行われる秋葉の火祭りという防火祭で三舞の神事の舞台となる神楽殿や立派な神門、金ぴかの鳥居があり、武田信玄を始め名立たる武将の刀が奉納されていたりするのですが、もうひとつ天竜川の支流の気田川沿いに秋葉神社下社があります。こちらは一般道からすぐに辿り着けますが、規模は小さく、杉林に囲まれた薄暗い社に明かりが灯っていました。

秋葉さん最中

月花園 静岡県浜松市天竜区春野町堀之内973-4 053-985-0014 1個110円
上社からは遠いですが、下社からは2kmほどです。素朴な感じの店で、郷土菓子の「青ねり」を主に販売しています。最中は置いていない時があるので、事前に電話予約をすると確実です。