注目

「最中は語る」へようこそ!

移動の自粛が解除されましたが、今は最中のオフシーズン。秋の最中旅を計画中です。

このブログは初めてですか?

最中大使や最中についての紹介ページがありますので是非ご覧ください。
PCでは右列に、スマホでは一番下にリンクがあります。
最中をテーマ別に分類しました→最中は語る―テーマ別一覧

製造終了と復活最中

なんてこった!製造終了

全国の最中情報を探っていると廃業してしまった店の情報も出てきます。最中旅が休止中なので、特別企画として今や手に入れることができなくなった最中をいくつか紹介します。

・天文台もなか:山口県浅口市
国立天文台に因んだ最中でしたが10年前に閉店。2年前には京都大学の天文台もできたというのに・・・。復活希望。

・カニ最中:愛媛県鬼北町
地元の川に生息するカニに因んだ最中。いつの間にか閉店したようです。愛媛の最中旅で行く予定だったのに残念。

・ふじもなか:静岡県磐田市
熊野御前(ゆやごぜん)お手植えの長藤に因んだ最中。2年前に閉店。藤色の餡の最中でした。近くだったのに一度も食べたことなく、泣ける。

・蜆塚最中・静岡県浜松市
縄文時代後期の貝塚に因んだ最中。数年前に閉店したようです。遺跡と博物館には数回行ったことがあるのですが、竪穴式住居の形の最中について知った時には既に遅し。

復活を遂げた最中

2年前の4月だったでしょうか。静岡市の大井川上流の井川で売られている最中を買いに行こうとした時のことでした。念のために行く前に電話をしてみたところ、店のご主人が2か月ほど前に亡くなられ、廃業してしまったとのこと。井川メンパ(曲げた桧に漆を塗った弁当箱)の形をした最中は幻となってしまったのかと、がっくりと肩を落としたのでした。

ところが今年の4月下旬にこの最中が復活したとの情報が入ってきました。井川振興会の有志らがこの地元銘菓を復活させたのです。販売は5月1日から始まっていますが、当面は通信販売のみです。そのうち井川ビジターセンターなどでの販売を考えているそうです。この最中の名前は「メンパ最中てしゃまんく」。「てしゃまんく」については通常の最中旅のブログ記事にていずれ紹介します。

亀寶:静岡県焼津市

焼津の鰹節

こんな時期なので予定していた最中旅は延期にして、3月に人混みを避けて車で焼津まで行って来ました。途中、吉田町の大井川河口の広大な公園でチューリップを眺めてから対岸の焼津市へ。焼津と言えばカツオやマグロ漁の町ですから、カツオの最中があるかと思いきや、なんと鰹節の形の最中があるのです。

亀寶

「きほう」と読みます。亀節と呼ばれる形の鰹節を模った皮種に、餡は程よい甘さの小豆餡で、上品な味わいの最中です。焼津のお使い物の定番らしく、他の2組のお客さんも仕事関係で買いに来ていた様子でした。

新嘗祭に神饌として献上

正倉院の古文書に、鰹を煮て干した煮堅魚を税として納めていたと記されており、鰹の加工品は奈良時代から駿河の国の特産物だったようです。今では皇居での新嘗祭に焼津の鰹節が献上されています。最中の形にもなっている亀節は三枚に下したもので、サイズが大きいものは半分に切り分けて本節と呼び、その背側を雄節、腹側を雌節と呼びます。どれが上等なのかと思ってしまいますが、この呼び方は品質には関係ないのだそうです。

鰹オブジェ

焼津の目玉施設である焼津さかなセンターを覗いてみたら、今般の事情で当分営業を休止する店がいくつもあり、いつもは観光バスが並ぶ駐車場には4~5台の乗用車のみでした。上の写真は東名高速の日本坂パーキング上り側にある鰹のオブジェです。焼津インターから見えるマグロ店の屋根には大きなマグロの模型が乗っています。魚以外では、焼津が好きだったという小泉八雲記念館やサッポロビールのビオトープ園なんかもあります。

亀寶

白憙久 静岡県焼津市本町5-1-3 054-628-2213 水曜定休 1個150円
焼津市役所アトレ庁舎と焼津5丁目信号の間です。大きくはないですがきれいな店内には菓子博での受賞盾がいくつも飾ってあります。波志ぶきというチーズブッセも人気のようです。駐車場はないようで、店前の歩道に片輪をかけて駐車しているお客さんもいました。

大甕もなか:愛知県常滑市

とこなめ焼きの大がめ

知多半島最中旅の最後は、半島中央の西海岸側にある常滑市にやって来ました。中部国際空港、通称セントレア空港がある市です。とこなめ焼と言えば朱泥の急須が思い浮かびますが、古くは奈良時代から大型の甕や壺を生産してきた地で、近代では陶器の土管や火鉢の産地でした。市の中心部へ向かう前に、大甕を模った最中があるという店を訪ねました。

大甕もなか

自然釉のかかった甕の形の皮種に、程よい甘さの小豆餡が入っています。古くから生産が続く大甕のように、変わらない味わいを表現したという最中は、バランスのいいオーソドックスな最中です。

やきもの散歩道と招き猫通り

市の中心部の大通りの裏には陶器店や陶芸教室、作家の工房が密集している地区があります。昔の窯の煙突が残る丘には、坂道の各所に壺や土管が埋め込まれた小径が複雑に張り巡らされています。迷路のような道を行きつ戻りつしながら店先の焼き物を眺めました。甕などの伝統的な焼き物の他にも、かわいい作品や他の産地の技法を取り入れた美しい作品もあり、結構楽しめました。

焼き物の小径

常滑市陶磁器会館がある大通りは「とこなめ招き猫通り」という名が付いており、切り開かれた丘の上から巨大な招き猫が顔を出し、コンクリートの法面には様々な作家の手による個性的なご利益招き猫たちが39体並んでいます。1点ずつ見ていくとなかなか面白いですよ。

大甕もなか

早川屋製菓舗 愛知県常滑市苅屋字深田124-1 0569-35-4041 火曜定休 1個120円+税
中心街より4kmほど南の国道247号沿いで、多賀神社の向かいです。以前は苅屋町の旧道沿いに店舗がありましたが、こちらに移転しました。店先に大甕が置いてあります。白餡と生クリームを使った「知多娘(ちたっこ)」も人気だそうです。

たこつぼもなか:愛知県南知多町

日間賀島のたこ漁

河和港を後にして、そのまま知多半島の東海岸を南下し、南知多町にやって来ました。西海岸には海水浴場が、東海岸と半島先端には漁港がいくつかあり、沖の日間賀島ではたこ漁が特に盛んです。海の幸が豊富で朝市で賑わう漁港もありますが、まずは最中の店がある大井漁港に立ち寄りました。

たこ漁で使われるたこつぼを模った最中です。皮種の半分ずつに、それぞれ小豆餡と抹茶餡を詰めて合わせた珍しいタイプで、あっさりした甘さの餡がたっぷり入っています。包み紙には蛸がくねるようなひらがなの商品名の横に愛知県知事賞受賞と記されています。

弘法大師が尾張に上陸

大井の聖崎は814年に弘法大師空海が初めて尾張に上陸した地とのことで、昭和59年に海の中に出た岩の上に上陸大師像が建立されました。公園や遊歩道が整備されていて、訪れた時は河津桜が満開でした。北側の駐車場から海沿いの遊歩道に出て大師像を眺めました。遊歩道からは海の中へ階段が続いており、干潮時には歩いて大師像まで行けるそうですが、ちょうど満潮で残念。年配のご夫婦が像に向かって手を合わせていました。

聖崎を出て、その南側の高級リゾートアパートメント群をちょいと見物し、朝市が人気の師崎漁港を過ぎ、知多半島南端の羽豆岬(はずみさき:大人数のアイドルグループの歌になっているそうです)から海岸を離れ、南知多道路へと戻りました。今回は日間賀島には行きませんでしたが、1時間に2便ほどフェリーが出ており、かっぱ最中の河和や渥美半島の伊良湖とも連絡しています。たこの他フグ料理や潮干狩り、イルカとのふれあいなども楽しめるようです。

たこつぼもなか

たこつぼもなか本舗末廣軒 愛知県知多郡南知多町大字大井字真向2-1 0569-63-0319 火曜定休 1個150円
大井漁港前の信号から1本入った「つるや」の隣。大きな立て看板と、最中の餡と同じ小豆色と抹茶色の暖簾がかかっています。たこ漁については詳しくないと言いながら、女将さんもご主人も丁寧に対応してくれました。店の前に駐車場あります。