天狗もなか:静岡県伊東市

函南から峠を越えて

秋スイカって聞いたことありますか?伊豆半島の付け根の函南町がスイカの産地で、秋に収穫されるスイカが9月の終わり頃に出回ります。果物好きの旅の仲間に同行し函南町に行くついでに、少し足を延ばして伊東市に行ってきました。

函南から峠を越えて海沿いを南下、ハトヤホテル近くの道の駅で昼食をとって市内へ。伊東には温泉や景勝地、僧の日蓮に因んだ最中があるのですが、今回は佛現寺に伝わる天狗伝説の最中を目指しました。

78.天狗もなか

大天狗の皮種の最中には3種類の餡があります。少し甘めの粒餡と、ほんのりとした塩味がちょうどいいこし餡、ピンクの皮種の白餡です。今回ピンクの種が品切れだったのですが、白餡にはレモンが入っているそうです。

解読不能な天狗の詫び状

万治元年(1658年)伊東と修善寺の間の柏峠に天狗が現れ、旅人に悪さをするので困っていました。豪傑で知られた伊東の佛現寺の日安上人が祈祷、読経のすえ、ついに天狗を捕らえて鼻を捻り上げると、天狗はたまらず松の上に逃げて行きました。後でその松を切り倒すと一巻きの紙が落ちてきました。その後天狗は姿を消したので、巻物は天狗の詫び状であろうと寺に持ち帰りました。

78.佛現寺と天狗の詫び状写し

詫び状は今でも佛現寺に保管されており、事前に申し込むと写しを見せてくれるそうです。寺で買える天狗羊羹には、包み紙の裏側に詫び状の一部が印刷されています。2900文字のうち一文字も解読されていないという摩訶不思議な代物で、さらに「天狗の髭」なるものも寺宝として保管されているとのことです。寺は日蓮宗本山の一つで、宝塔からは伊東の街並みと海が見えました。

天狗もなか

玉屋 静岡県伊東市和田1-6-5 0557-37-2582 日曜定休 1個172円
伊東温泉暖香園から伸びる一方通行の玖須美温泉通り200mほどの所です。控えめな店構えなので通り過ぎ注意です。寺にある天狗羊羹はこちらの店の品で、赤い包みは小豆、緑の包みはレモン入りの白餡です。洋菓子もあり、優しい女将さんが対応してくれます。車は店側に寄せて止めました。

大谷石もなか:栃木県宇都宮市

花巻から宇都宮へ

鹿角(かづの)市を出てから花巻に着く前に、合流組の希望で再び岩手山の焼走り(やけはしり)熔岩流に寄りました。予備知識無しで見た黒い溶岩原に感嘆していました。焼走り最中が無くなってしまったのは本当に残念です。

宿泊地の花巻は宮沢賢治のふる里で、賢治に因んだ名所にはいづれ行くつもりですが、今回は夜に花巻駅近くの銀河地球鉄道の壁画を見に行きました。昼間は白っぽい塗料が見えるのみですが、夜にはブラックライトに照らされて美しい色に浮かび上がります。我々以外にも写真を撮りに一人二人とやって来ていました。翌日の旅の最終日は、福島県須賀川市できゅうりのしぼり汁で打ったかっぱ麺を食べ、栃木県で大谷資料館に寄りました。

77.大谷石もなか

切り出した長方形の大谷石をイメージした最中です。厚みがあるので餡の量が多いのですが、粒餡は程よい甘さ。白餡は隠し味に味噌が入っていいバランスです。包み紙は同じで、餡の種類が判子で記載されています。きれいなショーケースに品よく並べられていました。

帝国ホテル旧本館に使われて有名に

大谷石(おおやいし)は凝灰岩で、斑点が入った白茶色が美しく、防火性と防湿性が高く加工し易いので塀や蔵の壁に使われます。フランクロイドライトが設計した帝国ホテルの旧本館に使われ、関東大震災での損傷が少なかったことから広く知られるようになりました。風化に弱いのが難点でコンクリートに取って代わられましたが、美しさが再評価され、店舗や音楽ホールなどに使われているようです。

77.大谷石地下採掘跡

こちらは大谷資料館の地下の採掘場跡です。狭い階段を下りて行くと巨大な暗い空間が広がり、所々にライトアップされた展示物があります。気温は8℃。撮影は自由ですが、三脚や自撮り棒は禁止です。記念写真を撮ってくれる場所があり、U字工事の写真が飾ってありました。水が溜まっている場所もあり、迷宮の雰囲気もあるので、映画の撮影や展示会などにも使われているようです。資料館の周りにも露天掘りの跡や奇岩があり、それらを眺めながら帰路に就きました。

大谷石もなか

飯田屋菓子店 栃木県宇都宮市大谷町1059-23 028-652-0106 水曜定休 1個140円
大谷資料館から1.5kmほどの大谷街道(県道70号)沿いで、大谷石もなかの看板が目印です。和菓子は最中のみですが、ケーキやコーヒーゼリーが並ぶ地元で評判の店です。お土産には大谷石くーへんや大谷石サブレもあります。店内の壁には大谷石が使われています。店前に5台駐車できます。

ひめます最中:秋田県鹿角市

奥入瀬から十和田湖へ

青森市を後にした我々は八甲田山の横を通ってアントニオ猪木家の墓へ向かいました。遠くに見えていた雪を被った山肌がすぐ道の脇に迫り、気温がぐっと下がります。酸ヶ湯を過ぎたあたりではスノーボードをする人も。しばらくして紅葉で有名な蔦沼のアントニオ猪木家の墓に到着。ご本人はこちらにはまだ入っていないようですが、墓には赤いタオルや花、飲み物などが供えられていました。

そこから新緑の奥入瀬渓谷へ。駐車できる場所を見つけては渓流と緑を眺めました。十和田湖に着くと、遊覧船乗り場にあるルパン三世に扮したきりたんぽ屋台で味噌たんぽを調達し、朝仕入れたアップルパイと共に軽い昼食を取りました。手を振ってルパンに分かれを告げ、湖の南側を回って秋田県へ。ひめます最中は十和田市にもあるのですが、養殖に成功した人が鹿角市出身ということで今回は鹿角市で。

76.ひめます最中

ひめますを模った最中は2種類の餡があります。青字の帯がかかったのは程よい甘さで瑞々しい小豆餡。桃色のほうは白餡に桃が入った桃餡ですが、桃がピューレになっているせいか、果肉感がないので柔らかい白餡のような感じです。

明治38年、湖面にさざ波が立った

ヒメマスはサケ科の淡水魚で北海道の阿寒湖に生息していました。支笏湖への移殖に成功してから、本州のいくつかの湖にも移殖されました。魚がいないカルデラ湖である十和田湖への移殖に成功したのは鹿角市の和井内貞行氏です。孵化場を作り、明治36年に稚魚を放流して2年後の秋、静かな湖面にさざ波が立ち、岸に向かってきました。成魚になったヒメマスが戻ってきた瞬間でした。それまで干物ばかりだった鉱山労働者の食事に新鮮な魚が供され、釣り人や観光客が訪れる湖になったのです。

76.十和田湖

この写真は十和田湖の南の発荷峠からの眺めです。最中旅は曇りの日が多いのです。さて、鹿角市に入りましたが、最中店に行く前に大湯環状列石に寄りました。集団墓の可能性が高いというきれいに整備された広い遺跡を散策し、ストーンサークル館で土版コースターを、近くの菓子店では「どばんくん」クッキーを買いました。街中で最中店に寄った後、秋田県から岩手県に入り、花巻市の温泉ホテルへ。次回はみちのく車旅の最終回です。

ひめます最中

芳徳庵 秋田県鹿角市十和田毛馬内字城ノ下18-1 0186-35-4398 水曜定休 1個140円+税
十和田南駅や十和田インターから1kmほど北です。大福やどら焼きなどの和菓子がありますが、何と言ってもワッフルが評判の店だそうで、この日もほぼ売り切れていました。鹿角市花輪と秋田市にも支店があります。駐車場は信号の南の角に10台分あります。

土偶最中:青森県つがる市

スチューベンと鶴の舞橋

浪岡でりんご最中を入手した後、岩木山を正面に見ながら田んぼに囲まれた道を通って鶴田町へ向かいました。途中で道の駅つるたに寄って名産のスチューベン葡萄のソフトクリームを食べました。さっぱりした味。ついでにスチューベンのジュースも買って、鶴の舞橋へ。

なんでも吉永小百合さん出演のCMで知られるようになったそうで、富士見湖に架かる日本一長い木造三連太鼓橋です。二羽の鶴が翼を広げた形で、インターネット上には朝焼けや雪の季節などのたいそう美しい写真がたくさんあります。鶴田町観光ウェブマガジンにはライブカメラの映像もありますが、橋の中央あたりから津軽富士とも呼ばれる岩木山を舞橋越しに写真に収め、隣りのつがる市へ。

75.土偶最中

遮光器土偶の「しゃこちゃん」がこちらを見つめる最中は大き目サイズです。厚さもそこそこあるのですが、餡が程よい甘さで求肥も入ってバランスよく仕上がっています。粒餡の他に、白餡にうぐいす豆が足されて抹茶が入ったものもあります。

木造駅の巨大しゃこちゃん

つがる市木造町と言えば第63代横綱の旭富士ですが、1992年に駅舎に巨大な遮光器土偶「しゃこちゃん」が登場し、さらに2020年の駅舎改修で目が光る仕様になって話題になりました。最中を買って駅に向かうと家々の向こうにしゃこちゃんの頭が見えただけで車中は盛り上がりました。駅に着いて記念撮影をしていると、ちょうど電車の到着時刻に。目が光るのかと待ち構えていましたが、光りませんでした。夜だけかな?

75.木造駅の遮光器土偶

土偶が発見された亀ヶ岡石器時代遺跡へは行かなかったのですが、今は公園になっていて資料館があります。津軽半島の西側は湖沼地帯で、ベンセ湿原にはニッコウキスゲの群落があり、6月には山吹色の花が咲き誇ります。先ほど旭富士にふれましたが、隣り町は舞の海の出身地で、秋田犬のわさおがいた鰺ヶ沢町です。行きたい所だらけで困ります。

土偶最中

たいま菓子店 青森県つがる市木造照日28-3 0173-42-2232 無休 1個160円+税
木造駅から800mほどの尾野病院の向いです。たぬきケーキや同系統のしゃこちゃんケーキ、木造高校の生徒との共同開発「しゃこちゃんサブレ」もあります。マドレーヌや上生菓子などは大き目サイズ。駐車場は隣に2~3台分あります。

りんご最中・りんご小町 青森県青森市

三内丸山遺跡は広いよ

一関から青森に行く前に八幡平に寄りました。最中は事前に電話確認しておくのですが、八幡平の「焼走り最中」の店が連絡が付きませんでした。で、行ってみたのですが、残念ながら閉店した様子。岩手山の焼走り熔岩流の荒涼とした景色の中で風の音を聞いた後、新青森駅へ。仕事の都合で新幹線で来た旅の仲間と合流して三内丸山遺跡へ向かいました。

入口の博物館で、短い距離しか歩けない運転担当者に車いすを借りて遺跡へ。画像などでよく見る掘立柱建物や復元された住居などの他に、保管庫のような建物がいくつもあります。ひとつに入ってみると、なんと掘立柱が建っていた穴が・・・こっちが本物か!考えてみたらそうだよなーってことで盛り上がりました。下調べ無しで行くのもいいかも。小牧野遺跡もできれば寄りたかったのですが、予定が詰まっているのでパスして最中を買いに市内の浪岡地区へ。

74.りんご小町・りんご最中

りんごの半立体形にりんご餡が入ったのがりんご最中。若い人にも最中に親しんでほしいと作ったのがりんご小町です。小町には粒餡、りんご餡、ごま餡、抹茶餡があります。餡の比率が多いのですが、程よい甘さ。りんご餡はほのかな果肉の酸味が白餡によく合います。

賑やかなねぶたの館

夕方、青森駅前にて、だけきみ(とうもろこし)の天ぷらや帆立の貝焼き、鮨などを食べ、一泊。翌朝はねぶたの家ワ・ラッセに。暗い館内には「らっせーら」の掛け声が流れ、朝一番から団体客で賑わっています。名人の作品や前年の優勝ねぶたの他、触れる展示やずらりと並ぶ売り出し中の若手の作品を鑑賞しました。

74.青森ねぶた

次に土産物店が集まる施設へ。旅の仲間が土産を買い込んで宅配便の手配をする間、おやつのアップルパイを買おうと開店を待っていたら、いつの間にか行列ができていました。一番で入手して、いざアントニオ猪木家の墓へ!でもその前に、昨日浪岡で最中を買ったあと、鶴田町とつがる市に行ったので、次回はそちらを紹介します。

りんご最中・りんご小町

つしま堂 青森県青森市浪岡大字浪岡字細田90-5 0172-62-3860 不定休 りんご最中1個232円+税 りんご小町1個194円+税
奥羽本線浪岡駅から100mほど。感じのいい女将さんがいる店です。りんご羊羹やりんご餡の焼き菓子の他、浪岡城をテーマにしたチョコまんじゅうも人気のようです。りんご小町は道の駅アップルヒルでも買えます。駐車場は店前に2台分。