茶山最中:静岡県川根本町

大井川沿いの山間の茶所

大井川沿いを蒸気機関車が走る川根本町は、古くからのお茶の産地です。お茶の販売店や和菓子店では茶羊羹を作って販売している店がいくつかあるのですが、最中もあると聞いて行ってきました。

蒸気機関車の運行時間に合わせて大井川沿いを車で北上しました。吊り橋の下を通ったり、道路より低い所を並走する区間もあり、撮影スポットには、平日にもかかわらずカメラを構えた鉄道ファンが何人かいます。SLを追うように終点の千頭(せんず)駅まで行き、目的の最中の店へ。

茶山最中

茶壷の形の最中には、もちろん抹茶餡が。白餡に川根茶の粉末を混ぜた餡はさっぱりした甘さです。5個入りと10個入りがあり、ビニール袋の包装です。 千頭駅から少し奥へ行った所に同じ茶壷形の「川根最中」がありましたが、2018年に県外へ移転してしまいました。

鉄道ファンで賑う千頭駅

最中を買って駅に戻ると転車台で方向転換するSLを発見。乗客がプラットフォームの端に集まって写真を撮っています。人力で転車台を動かすんですね。へー。6月下旬から11月末まではトーマス号の運行や仲間の機関車が集合するフェアがあり、千頭駅は子供連れで大賑わいだそうです。SLはこの千頭までですが、この先の大井川鐡道井川線には今や日本で唯一となったアプト式で走る区間があります。日本の鉄道路線で最も急な勾配だとか。

千頭駅SL

さて、肝心なお茶の話ですが、川根茶は鎌倉時代に聖一国師が中国から持ち帰った茶の種を撒いたのが始まりと言われています。江戸時代には紀伊国屋文左衛門が江戸に持って行って評判になり、昭和には茶業界初の天皇杯を受賞しました。爽やかな香りが特徴で、色は透明感のある黄金系。ゆっくりと味わってほっとするタイプです。

茶山最中

杉本屋 静岡県榛原郡川根本町千頭1216-13 0547-59-2222 無休 5個520円
千頭駅から徒歩1分のお茶羊羹の店です。駐車場はありませんが、店の前は駐車禁止ではないようですので、トーマスフェアが無い日なら駐車できそうです。一口サイズのお茶羊羹は6個入りで520円でした。

崋山最中・報民倉:愛知県田原市

飢饉に備えた報民倉

1833年から4年間、全国的に大雨による洪水や冷害が続き、農作物が大打撃を受けました。天保の大飢饉です。各地で多数の餓死者がでて一揆などが起こりましたが、田原藩では一人の餓死者もでませんでした。それは田原藩家老の渡辺崋山が飢饉に備えて建てた備蓄倉庫「報民倉」のおかげだったのです。

これによって幕府より表彰されていますが、渡辺崋山がどんな人物かあまり知られていないですよね。敏腕家老だったのだろうと想像はつきますが、蘭学者たちの指導者的立場だったり、海防について詳しいながら密かに開国を願っていたとか。また文人画家として谷文晁に師事し、自らの弟子には椿椿山らがいます。そんな崋山を誇りに思う田原市の銘菓がこちら。

崋山もなか
崋山もなか報民倉

米俵形の皮種に餡が入っているものと、自分で餡を詰めるタイプの崋山最中「報民倉」があります。薄緑色に色付けされた滑らかな白餡に、少し混ざった小豆の粒餡が互いの風味を引き立てあっています。報民倉は陶器の壺入りの餡と皮種が6個入っています。

田原市は崋山推し

田原市のある渥美半島は花の栽培が盛んですが、花の季節には少し早い時期に田原市へ行ってきました。田原市の観光地スポットと言えば伊良湖岬ですが、今回は半島の付け根に近い市街地にある崋山神社や田原城跡を巡ってきました。

渡辺崋山の銅像

中心地の大通りから脇へ入ると、すぐに田原城跡が見えてきます。巴形の湾に面していたことから別名「巴江城」。再建された大手門と二の丸櫓の奥には崋山の作品などが見られる田原市博物館があり、本丸と三の丸には神社が建っています。城の隣には、崋山神社、崋山会館が並んでいます。さらっと見学して、さらにその先の崋山の幽居跡と銅像がある池ノ原公園へ。抹茶とお菓子が300円という案内板に心惹かれながら静かな公園を散策しました。

崋山最中・報民倉

冨貴屋 愛知県田原市田原町築出57-13 0531-22-0248 月曜定休 崋山最中1個129円 報民倉1,300円
中心街の大通り沿いにありますが、駐車スペースあります。洋菓子も販売していて、店内で食べることもできます。報民倉は道の駅「田原めっくんはうす」でも販売しています。