子もちたこ最中:兵庫県明石市

明石焼・玉子焼・卵焼き?

平磯灯標を見た後、明石海峡大橋を臨むコーヒーショップで昼食をとってから、次の目的地へ向かいました。神戸の隣の明石市です。明石のお土産で明石焼をもらうことがありますが、地元では玉子焼と言うそうです。タコが入っていないのは卵焼き。さらに明石焼という陶磁器もあるのです。ややこし。

明石海峡では2000年も前からタコ漁が行われていたそうで、明石ダコと呼ばれるこの付近のマダコは、豊富なえさと強い潮流で育つので味がよく、漁獲量も日本一です。タコ焼きや明石焼が有名になるにつれ、明石ダコの名も知られるようになっていったそうです。

子もちたこ最中

タコの形をしたこの最中は子もちたこ最中。中に求肥が入っており、子持ちと小餅をかけてあるのでしょうか。程よい甘さの粒餡、白餡、抹茶餡があり、求肥とのバランスもちょうどいいです。

子午線と明石城

明石市ではまず、日本の標準時を決める東経135度の子午線上にある、明石市立天文科学館を訪ねました。時と天体に関する展示を見学してから、展望室からの眺めを楽しみ、科学館裏手の子午線標識へ。通称トンボの標柱。子午線の標識は他にもいくつかあるのですが、古いものは位置が少しずれているとか。そしてトンボの標柱の隣には蛸壺塚があります。タコと蛸壺の供養の為に建てられたそうです。「蛸壺やはかなき夢を夏の月」松尾芭蕉の句が刻まれています。科学館ごしに明石海峡大橋が見えました。

蛸壺塚

さて次に訪れたのは「天守閣はない。ロマンはある。」でお馴染み(?)の明石城です。正直言って期待していなかったのですが、圧巻の石垣と美しい2基の現存櫓が!しかも姫路城より広いとか。今年が築城400周年という明石城は、今はきれいに整備された公園になっていて、市民の憩いの場として賑わっていました。「天守閣は・・・」を含め6種類ののぼり旗が面白いですよ。

子もちたこ最中

明植堂 兵庫県明石市桜町14-21 078-912-3600 不定休 1個160円
明石駅の南口から徒歩3分ほど。タコの他にも鯛やあなごなど明石の海産物をテーマにした和菓子がいろいろあります。2階は喫茶室になっています。明石駅のピオレ明石にも出店しています。

平磯もなか:兵庫県神戸市

海の中の灯台

いつもお世話になっている方にお会いするのを兼ねて、神戸に行って来ました。まずは新神戸駅の裏側にある布引の滝を見てから、その方と合流して一路垂水区の平磯へ。英国の小説家サマセット・モームも見たという平磯灯台を目指します。

灯台と言ってもこの平磯灯台は海の中に建っています。正しくは平磯灯標といい、明石海峡手前の平磯沖1.1キロメートルにあり、暗礁が多いこの付近の船の安全を守っています。江戸時代から標柱としてあったそうで、明治26年(1893年)に鉄筋コンクリートの灯標となりました。下関海峡の灯標が撤去されてからは、現存する日本最古の海中コンクリートだそうです。そんな平磯灯標の最中がこちら。

平磯もなか

灯標と波が描かれた皮種はかなり薄く、餡がしっとりと染みてもちもちした食感になっています。最中全体も薄い感じがしますが、程よい甘さの餡がたっぷり入っています。他に白い皮種のこし餡と桃色の皮種の柚餡があります。

サマセット・モーム「困った時の友」

サマセット・モームは「人間の絆」や「月と6ペンス」で有名ですが、世界中を旅して短編も数多く著しています。「困った時の友」という短編に平磯灯標がでてくるということで早速読んでみると――仕事を探している知人に、泳いで灯標を回って戻ってきたら雇ってやるというくだりで登場。人は見かけで判断できるかがテーマの話だったのですが、結末には驚かされました。現在出版されているものでは短編集「コスモポリタンズ」の中に収録されています。

平磯灯標

山陽本線の東垂水駅の南側の平磯緑地が、一番近くに見られる場所です。垂水スポーツガーデンに駐車して、海沿いの遊歩道から眺めました。最中に描かれた灯標はすらりとしていますが、現在は国際ルールに沿って黄色と黒に塗られ、周囲に張り出し台のようなものが付いてポットのような形になっています。大阪湾の向こうには紀伊半島の肩のあたりがうっすらと見え、右を向けば明石海峡大橋が見えます。貨物船が何隻も行き交っていました。

平磯もなか

杵屋総本店 兵庫県神戸市垂水区神田町4-7 078-707-2767 日曜定休 1個162円
JRと山陽本線の垂水駅北口から1本北のローソンの角を入った細い道沿いで、昔ながらの雰囲気の老舗です。駅から徒歩で3分以内ですが、車は有料駐車場を利用することになります。