たこつぼもなか:愛知県南知多町

日間賀島のたこ漁

河和港を後にして、そのまま知多半島の東海岸を南下し、南知多町にやって来ました。西海岸には海水浴場が、東海岸と半島先端には漁港がいくつかあり、沖の日間賀島ではたこ漁が特に盛んです。海の幸が豊富で朝市で賑わう漁港もありますが、まずは最中の店がある大井漁港に立ち寄りました。

たこ漁で使われるたこつぼを模った最中です。皮種の半分ずつに、それぞれ小豆餡と抹茶餡を詰めて合わせた珍しいタイプで、あっさりした甘さの餡がたっぷり入っています。包み紙には蛸がくねるようなひらがなの商品名の横に愛知県知事賞受賞と記されています。

弘法大師が尾張に上陸

大井の聖崎は814年に弘法大師空海が初めて尾張に上陸した地とのことで、昭和59年に海の中に出た岩の上に上陸大師像が建立されました。公園や遊歩道が整備されていて、訪れた時は河津桜が満開でした。北側の駐車場から海沿いの遊歩道に出て大師像を眺めました。遊歩道からは海の中へ階段が続いており、干潮時には歩いて大師像まで行けるそうですが、ちょうど満潮で残念。年配のご夫婦が像に向かって手を合わせていました。

聖崎を出て、その南側の高級リゾートアパートメント群をちょいと見物し、朝市が人気の師崎漁港を過ぎ、知多半島南端の羽豆岬(はずみさき:大人数のアイドルグループの歌になっているそうです)から海岸を離れ、南知多道路へと戻りました。今回は日間賀島には行きませんでしたが、1時間に2便ほどフェリーが出ており、かっぱ最中の河和や渥美半島の伊良湖とも連絡しています。たこの他フグ料理や潮干狩り、イルカとのふれあいなども楽しめるようです。

たこつぼもなか

たこつぼもなか本舗末廣軒 愛知県知多郡南知多町大字大井字真向2-1 0569-63-0319 火曜定休 1個150円
大井漁港前の信号から1本入った「つるや」の隣。大きな立て看板と、最中の餡と同じ小豆色と抹茶色の暖簾がかかっています。たこ漁については詳しくないと言いながら、女将さんもご主人も丁寧に対応してくれました。店の前に駐車場あります。

かっぱ最中:愛知県美浜町

村人を助けたかっぱの家族

知多半島の観光シーズンは夏なんでしょうが、夏は最中旅に向いていないので、花粉の最盛期がやって来る前に行って来ました。まずはかっぱ伝説が残る美浜町です。その伝説とは・・・

昔々、美浜町の河和(こうわ)にかっぱの家族が住んでいました。太郎とゆり子の夫婦と娘の花ちゃん、弟の和ちゃんです。ある時日照りが続いて村人は困り果てていました。見かねたかっぱの家族は密かに雨ごいを始め、やっとのことで雨が降りました。ところが村人たちが喜んだ矢先、子供が増水した川に落ちて流されてしまったのです。弟かっぱの和ちゃんが気付きその子を助けましたが、今度は和ちゃんが海へと流されて帰ってくることはありませんでした。

かっぱ最中

花ちゃん?お母さん?の姿のかっぱ最中。立体的なので小振りな割には餡が入っている感じです。つぶし気味の程よい甘さの餡と皮種のバランスがいい最中です。河和港近くの本店には見本しかなかったので支店で購入しました。本店にいたおばあちゃんが「おいしくてよく売れるんで、あがってみてください。」と言っていました。おばあちゃん、たくさん買いましたよ!

愛される河和のかっぱ

河和港の高速船乗り場前にはかっぱ家族の銅像があります。河和海水浴場などにもコンクリート製のかっぱの像があるのですが、古びてしまってちょっと恐ろしい姿になってきています。見かねた地元出身の方が私財を投入して河和港に銅像を作ったのだそうで、かっぱ伝説を紹介する立派な石碑も立っています。

この伝説には続きがあります。花ちゃんは鯛を抱えていますが、実はこの鯛は竜宮城の使いで、海に流された和ちゃんは竜宮城で保護されていると伝えに来たというのです。隣の武豊町には浦島太郎伝説があり、それとからめてハッピーエンディングを付け加えたようです。さらに花ちゃんにお婿さんを迎え、子供が生まれたという設定で銅像も増えました。

かっぱ最中

片弥菓子舗西谷店 愛知県知多郡美浜町河和西谷82-1  0569-82-1974  金曜定休 1個100円
町のおまんじゅうやさんといった雰囲気の本店は製造が主なので、西谷支店で購入するのがいいかと思います。河和駅から800mほどの厚生病院の前で、店の前に駐車スペースあります。