姫様もなか:静岡県浜松市

東海道の別道―姫街道

細江の街で銅鐸最中の店と間違えて入った店で姫様もなかを発見しました!その名の由来は、東海道から外れて浜名湖の北を通る姫街道です。江戸時代に浜名湖の渡しやチェックの厳しい新居の関所を避けて気賀の関所を通る女性が多く、大名家や公家の女性も利用していたそうで、姫街道と呼ばれるようになったとのことです(諸説あり)。篤姫もこの姫街道を通ったそうです。

42.姫様もなか

大名家の女性用駕籠を模った最中で、包みには衣装を入れて運ぶ挟み箱が描かれています。程よい甘さの粒餡としそ餡の2種類がありますが、他の菓子を眺めていたら、常連らしき人がしそ餡を全部買い占めていってしまいました。また買いに行かねば。

長坂の旧道と気賀の関所

姫街道は隣の磐田市の見付宿から始まり、池田の渡しで天竜川を越えて北寄りに進み、気賀の関所を通って浜名湖を北に迂回し、本坂峠を超えて愛知県豊川市の御油で東海道に合流します。気賀の手前に旧道が残っている場所があるので行ってみました。今は県道として整備された姫街道の脇にある旧道は、老ヶ谷の一里塚からさらに細くなり車が入れない長坂へと続きます。こんな所を駕籠を担いで歩いたの?と疑いたくなるような急な坂は前日の雨で湿っており、滑らないよう気を付けて下りました。

42.気賀関所

こちらは復元された気賀の関所で、元の位置より少し西に建っています。案内所で通行手形を買うと入れます。着替え体験ができ、子供姫や侍、町娘、忍者などの他、おんな城主直虎や子供用の井伊の赤備え甲冑もあるようです。細江町では4月の第1土・日に姫様道中が行われ、90人の大行列が桜並木を歩き、腰元や奴衆の踊りも披露されます。来年から日程が変わるかもしれないので、行く前に確認を。

姫様もなか

外山本店 静岡県浜松市北区細江町気賀68-2 053-522-0172 木曜定休 1個129円+税
姫街道の気賀四ツ角信号を北へ100mほどのところです。銅鐸最中の外山製菓と間違えたのですが、親切に道案内してくれました。姫様道中では休憩中の姫様に姫様もなかを出すのが恒例となっているそうです。洋菓子の姫様スティックが一番人気のようです。店舗横に駐車場あります。

銅鐸最中:静岡県浜松市

銅鐸と可憐な花の公園

やっと暑さが収まってきた秋分の頃、花を見に行こうとの誘いを受けてやって来たのが浜松市細江のどうたく公園。絶滅危惧種のシラタマホシクサを地元のNPOが育てている場所です。テレビのローカル番組で紹介されたらしく、谷合いの小さな公園には4組ほどの人たちが来ていて、白い小さな花にカメラを向けていました。

この公園は斜面に張り付くように作られた小さなもので、駐車場から土を固めた急な階段を上がると柵に囲まれた発掘場所に銅鐸のレプリカが置かれています。子供たちが遊べるような公園ではありませんが、この上には手作りの小さなフィールドアスレチックがあるようです。この日はゲートが閉まっていました。

41.銅鐸最中

細江はみそ饅頭が有名で、小さな街に和菓子店がいくつもありますが、そのうちの1軒に銅鐸最中があります。三遠式銅鐸の皮種に入っているのは、粒餡、白餡、みかん餡の3種類。程よい甘さの餡がたっぷりです。白餡には小豆粒が混ざっており、みかん餡は刻んだ皮のほのかな苦みが白餡とよく合います。

浜名湖周辺で26個

細江町では9個の銅鐸が見つかっており、この滝峯の谷の斜面には点々と6個が見つかっています。どうたく公園のものは、滝峯才四郎谷銅鐸と呼ばれる近畿式銅鐸です。平成元年に研究者が発見したもので、金属探知機による発見は全国初とのことです。この付近では三遠式銅鐸と近畿式銅鐸が出土しており、同じ集団によって埋められたと推測されています。これにより2つの銅鐸圏を巡る議論がより複雑になったようです。

41.銅鐸公園

公園を見学した後は、細江町の民俗資料館へ。1階は浜名湖の漁や藺草と畳表生産の道具、2階は出土した銅鐸と姫街道の資料が展示されていています。このうち悪ヶ谷銅鐸はレプリカで、本物は東京国立博物館にあります。入場無料で、申し出れば展示品の写真撮影OKです。姫街道については別の最中があるので近々紹介します。

銅鐸最中

お菓子のとやま 静岡県浜松市北区細江町気賀129-1 053-522-0321 火曜定休、10日火曜は営業・翌日休み 1個120円
姫街道の1本西で、天竜浜名湖鉄道の線路脇、うなぎの清水家の向いです。リニューアルした広い店舗で駐車場は6台分。細江名物のみそ饅頭は人気が高く、1日3回の作りたてが購入できます。ところてんや直虎豆腐(お菓子です)、洋菓子もあります。