秋葉さん最中:静岡県浜松市

秋葉さん最中

全国の秋葉神社の総本宮

行楽の秋。紅葉を見に行こうということで、秋葉神社に行って来ました。浜松市の中心部から直線距離で40kmほどの旧春野町で、赤石山脈の南端の秋葉山にある火防の神を祀る秋葉神社の総本宮です。地元では秋葉さんと呼ばれています。

船明ダムを過ぎて天竜川沿いに北上し、石灯篭が目印になっている橋を渡って参道に入ります。ここからは山道になっていて、観光バスとギリギリですれ違って上へ上へと曲がりくねった道を進み、大鳥居の前の広い駐車場に着きました。長い階段が山頂へと続いており、両脇には「やつで」のマークが付いた石灯篭が並んでいます。やつでは秋葉さん最中にもあしらわれています。

秋葉さん最中

天狗の羽団扇とも呼ばれるやつでの形に、縦に秋葉さん、横に遠州という文字が入っています。中は程よい甘さの小豆のつぶし餡です。包みは小倉と書かれたシールで止めてありますが、餡は小倉(≒つぶし餡)1種類です。

天狗と秋葉神社

さて、何故やつでが秋葉神社のマークになっているかというと、秋葉神社は明治になるまでは秋葉大権現という名称で秋葉山三尺坊という天狗が祀られていました。羽団扇で火を操る天狗が、イザナミとイザナギの御子である 火之火具土神(ほのかぐつちのかみ) にとって代わられたのですが、天狗の羽団扇の紋がそのまま残ったようです。春野町には大きな天狗の面や下駄のオブジェがあったりして、天狗は今でもこの地区のシンボルとなっています。

秋葉神社上社

山の上の神社は上社で、12月16日に行われる秋葉の火祭りという防火祭で三舞の神事の舞台となる神楽殿や立派な神門、金ぴかの鳥居があり、武田信玄を始め名立たる武将の刀が奉納されていたりするのですが、もうひとつ天竜川の支流の気田川沿いに秋葉神社下社があります。こちらは一般道からすぐに辿り着けますが、規模は小さく、杉林に囲まれた薄暗い社に明かりが灯っていました。

秋葉さん最中

月花園 静岡県浜松市天竜区春野町堀之内973-4 053-985-0014 1個110円
上社からは遠いですが、下社からは2kmほどです。素朴な感じの店で、郷土菓子の「青ねり」を主に販売しています。最中は置いていない時があるので、事前に電話予約をすると確実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です