雲州そろばん最中:島根県奥出雲町

雲州そろばん最中

高品質の雲州そろばん

加茂岩倉遺跡へ行く前に、宍道駅からJR木次線で1時間半の奥出雲町へ行ってきました。1両編成の電車はバスのように整理券を取って運賃箱に料金を入れる方式!山の中の草木の間を縫うように進み、視界が開けると仁多米の棚田が広がり、途中トロッコ列車の「奥出雲おろち号」とすれ違いながら横田駅に到着。

坂道をダッシュして閉館時間が迫っている「たたらと刀剣博物館」へ。いつもは展示されている日本刀が神楽で使用中の為見られなかったのですが、天秤たたらの復元模型でたたらを踏む体験に挑戦!要領が悪いのか膝への負担が半端ないです。4~5回で終了。この後「そろばんと工芸の館」を訪問し、そろばん最中を購入。

雲州そろばん最中

そろばん玉の形をした最中4個が箱に入っています。少し粒が残るくらいのなめらかな餡は程よい甘さです。30年くらい前から地元の和菓子屋さんが作っていると、そろばん協業組合の方が言っていました。

たたら製鉄とそろばん

「質の雲州そろばん」と言われますが、たたら製鉄でできる良質な刃物と、硬い木をくり抜いて作るそろばん玉の製造が結びついて、雪深い奥出雲の冬の間の産業として発展したのだそうです。下の写真はたたら博物館の八岐大蛇のオブジェです。

八岐大蛇オブジェ

夕食で行った料理屋のご主人がいろいろ情報をくれまして、木次線には日本で3か所しかないスイッチバックがあって、景色のいい所でしばらく停まるとか。他にも巨石の景勝地や映画の撮影場所、おろちループ、自然博物館のナイトミュージアムなど、今回は無理でしたが時間があれば行ってみたかったですね。

雲州そろばん最中

そろばんと工芸の館 島根県仁多郡奥出雲町下横田76-5 0854-52-0839 1・2月の日曜休 4個入り810円
以前は透明袋に5個入りでした。作っているのは松浦商店で、横田駅前の店はやめてしまったようですが、おろちループの道の駅でも販売しているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です