大井川もなか:静岡県島田市

世界一長い木造の橋

ギネスも認める世界一長い木造の歩道橋に行って来ました。大井川に架かる蓬莱橋です。明治12年に完成した全長897.4mの橋は、茶の栽培が始まった牧之原と島田宿を結び、開拓が進む牧之原を蓬莱と例えたことから名付けられました。

橋の袂の料金所で通行料の100円を払い、通行幅2.4mの橋を渡ります。子供料金は10円です。通行料は補修に使われるらしく、板が所々新しくなっています。欄干が低いので、あまり端に寄らないよう歩きます。対岸は山へ続く小道で、飲み物の露店や石の彫刻の店を眺めてから戻ってきました。昔は渡し舟さえ無い東海道最大の難所で、幕府の管理下で川越し人足に担がれて渡っていました。その川越しをテーマにした最中が島田市にあります。

54.大井川もなか

島田通用木札を模ったもので、百文と三万枚限の文字も並びます。中の粒餡は甘めですが、求肥が入っているのでいいバランスになっています。皮種がさくさくとして崩れ気味なので、まずお茶を飲んでからどうぞ。

越すに越されぬ大井川

昔の大井川は水量が多く、橋を架けるのも舟で渡るのも危険ということを口実に、江戸への侵攻を防いでいました。島田宿の川会所では毎日の水量に応じて川越しの料金を決め、旅人は川札を購入して川越人足に担がれたり、連台で運ばれたりして川を越えます。増水すると川留めになり、何日も渡れないことがありました。人足は訓練された専門職で、幕末頃には両岸合わせると1300人もいたそうです。

54.蓬莱橋

蓬莱橋から戻って袂の茶屋で煎茶のソフトクリームを食べ、そこから車で少し上流の島田博物館へ。駐車場には人足が担ぐ連台のベンチがあり、記念写真を撮っている人がいました。脇の道を歩いていくと、堤防の役目をするせぎの跡や川越人足の待機所である番宿跡が並び、川会所の建物などとともに街並みが川越遺跡として保存されています。地味な感じですが小綺麗に整備され、観光客が何人もそぞろ歩いていました。

大井川もなか

みのや 静岡県島田市本通り2丁目4-10 0547-37-2846 水曜定休 1個167円+税
掛川駅北口から300mほどの本通り沿いです。みそ饅頭や日本髪の島田髷をテーマにしたブッセなどもあります。最中は大井川鐡道のKADODE OOIGAWAなどの観光施設でも買うことができます。駐車場はありませんが、本通り2丁目信号の島田信用金庫隣のパーキングが近いです。

海老いも最中:静岡県磐田市

最中&ハイキングシーズン始まる

中秋が過ぎ、爽やかな季節になりました。最中シーズンの到来です!ハイキングにもいい季節なので、親戚の子供を連れて5人のパーティーで近くの低山に出かけました。断崖に張り出した岩が獅子の顔のような形をしている獅子ヶ鼻公園です。

獅子ヶ鼻がある磐田市の豊岡地区は海老芋の一大産地です。海老のように曲がった形に縞模様が入った里芋の一種で、ねっとりとした食感の高級食材です。京芋とも呼ばれる京野菜ですが、全国の生産量の8割は磐田産で、特に豊岡地区が生産の中心になっています。9月20日頃から収穫が始まりますが、まだ量が少なく、地場産品の店にしか出回っていないので、朝早くに売り切れてしまいます。

53.海老いも最中

そんな海老芋を最中にしたのが、こちらです。小振りに見えますが、丸々とした海老芋の形の皮種の中には餡がたっぷり入っています。程よい甘さの粒だった小豆餡と滑らかに練られた白餡の2種類があります。

蟻の戸渡り

獅子ヶ鼻公園 には遊歩道や吊り橋、フィールドアスレチックがあり、この公園内を歩くだけでも、ちょっとしたハイキングになりますが、今回はその先のトレッキングコースに行ってみました。途中まではハイキングだったのですが、「蟻の戸渡り」方面に進むと、道は次第に険しくなり、後ろ向きに這って下りなければならないような場所も出てきました。遭難時に場所を知らせる番号や危険注意の看板などを過ぎ、「蟻の戸渡り」のすぐ下まで来ましたが、木の根を掴んで上るような崖を前に、軽装の我々は引き返すことを決断したのでした。

53.獅子ヶ鼻

この写真は隣の稲荷神社の展望台から獅子ヶ鼻を撮ったものですが、獅子はどこに?東屋の屋根が見えていますが、そこから右へ目を移すと細長い柱が立っているのがわかりますか?そこが獅子の頭の上です。昔は口を開けた獅子の横顔がよく見えたのですが、今は樹々が伸びて顔を覆ってしまい、鼻先くらいしか見えなくなってしまいました。

海老いも最中

大阪屋 静岡県磐田市上野部563-13 0539-62-2338 月曜定休 1個120円
天竜浜名湖鉄道の上野部駅から南へ200mほど。県道40号が天竜川に向かってカーブする外側になります。青い日除け幕が目印です。ロールケーキが人気で、獅子ヶ鼻に因んだマドレーヌやブッセもあります。店の前に1台駐車できます。