松江城最中2種:島根県松江市

松江城最中

現存天守 国宝松江城

日本三大和菓子処のひとつ、松江市に行って来ました。茶人でもあった第七代藩主、松平不昧公の200年祭ということでお茶と和菓子のイベントなどがいろいろあるようでしたが、目指すは最中のみ!その前にまずは国宝松江城へ。

無料解放されている県庁の駐車場にレンタカーを停めて大手門から入城。高い石垣に圧倒されながら天守へ。黒い雨覆板張りの一層と二層の上に乗った白壁の千鳥破風がかっこいいです。千鳥城という別名は千鳥破風が四方にあるからだそうです。天守が国宝に指定されたのは意外と最近の2015年です。

松江城の名が付いた最中は2種類あります。ひとつは城の形で、もうひとつは築城主の堀尾吉晴の家紋「分銅紋」です。城のほうは仁多米を使ったさっくりした皮種に柔らかい餡が、紋のほうは小豆の風味がしっかり味わえる餡で、両方とも程よい甘さです。

堀尾吉晴公と松江城

堀尾家の分銅紋は、数々の戦で手柄を立てた吉晴公が豊臣秀吉より下賜されたものだそうです。松江城の大手門前の入口には松江城に向かって指示棒を掲げた吉晴公の銅像が立っています。この像と松江城をいっしょに写真に収めたかったのですが、なんと両者の間に松の木が。

松江は水の都とも呼ばれ、すぐそばに宍道湖が広がっていますし、城を取り囲む堀川からつながるいくつもの川を巡る遊覧船が出ています。和菓子店を回って城下町の風情を楽しみ、小泉八雲記念館を訪れて・・・なんてしたかったですが、今回は時間の都合でのんびりできませんでした。さて次回は果たしていつ?

松江城最中(城)

青松庵たちばな 島根県松江市袖師町11-1 0852-32-2345
日曜定休 1個185円
店内の和カフェから宍道湖の夕日スポットとして有名な嫁島が見えます。入口と駐車場が少しわかりにくいですが、10台以上停められるようです。

松江城最中(分銅紋)

桂月堂 島根県松江市天神町97 0852-21-2622 1個173円
松江駅から徒歩5分。駐車場7台あります。店の前は一方通行です。一畑百貨店にも出店していて、百貨店のネットショップでも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です